〈旅屋おかえり〉原田マハ

〈楽園のカンヴァス〉が、いまのところ私の今年読んだ本の最高点を出している著者の新刊ということで、とりあえず図書館予約を押えました。

売れないアラサータレントの丘えりか、こと〈おかえり〉は、唯一のレギュラー番組である旅番組「ちょびっ旅」が打ち切りになってしまう。
いまは、おかえりしかいない弱小事務所を救うために、依頼人の願いをかなえる「旅代理業」をはじめることになるのだが。。。

売れないタレントが、事情があって旅に出られない人の代わりに、旅に出て、その人の心を解きほぐすという、ちょっと原宏一的な話なのだけれど、これがなかなか面白い。
しかもただ単に、それだけの話に終らせないで、もう一つ最大の山場を持ってきて、読者を物語に飽きさせずに惹きつけるワザといったら、ただ者ではないぞ、原田マハ。。。(笑)
原田マハの作品はハズレたためしがないと、誰かの書評に書いてあったのを読んだことがあるのだけれど、なるほどそういうことかとうなずける出来。
隅々まで血の通ったキャラクターたちは、無色透明な魅力があって、何度、泣かされたことか。。。(笑)
いや、もう、3回くらいは最大の泣き場があって、うまいぐあいに読者の涙腺を刺激してくる。
ムリヤリ泣き場をつくるというのではなく、あくまでも自然にそうなってしまうから、ああ、ちくしょーという感じなんです(笑)
泣けて、それでいて、全篇、清々しくて、元気の出る読後感は久しぶりかもしれない。
とにかく、うまい!としか言いようのない物語展開に、しばらく原田マハを追いかけてみようという気になりました。

集英社 2012年4月発行 ★★★★

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51gzRpmxC4L._SL75_.jpg旅屋おかえり
読了日:06月23日 著者:原田 マハ

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

泣けるお話なのでしょうか 
そこまで自然にもっていけるなんてすごいです 
原田マハさん、図書館にあったら読んでみます

No title

タヌキさん。どちらかというと、軽く読めるユーモア小説の分類ですが、そこに泣きを入れたところにワザを感じました。「楽園のカンヴァス」ともども、ぜひともお薦めします。

No title

今日美容院で読んだ雑誌でも紹介されていました。こちらの図書館では60人弱待ちです。『楽園・・』の方もなかなか回ってきませんねえ。

No title

依頼人を見つけるツテが難しそう。

旅と言っても色々あるから、楽しい仕事とは限らないっぽいですね。

No title

めにいさん。私のところも予約を取った当初はそれほど、予約が並んでいなかったのに、いまでは37人待ちです。じわじわと評判が上がってきてますね。

No title

イカダさん。依頼人はインターネットで、ということで、いまでは色々なことがこれひとつで起業できるようになりましたね。そうそう。旅も色々な依頼がありますから。。。というのがこの本の落とし所です。

No title

「旅代理業」ですか?旅行好きの人にはたまらない仕事なんでしょうね~?
出不精の私には無理だ(笑)

No title

びぎRさん。私もどちらかというと出不精ですが、母が来年で70になってしまうので、動けるのはあと10年くらいかということで、いまのうちに旅行に連れて行かないと、と思っています。

No title

こんばんは☆
☆4つですか。
ぜひ、図書館で借りて読んでみます^^

No title

Puffさん。どなたにでもお薦めできる面白本です。
ぜひとも読んでくださいね。

No title

まあほんとにいろんな人がいるんですね。
マハはペンネームですか。
こっちは川端康成「雪国」を読み終えたところ笑
さすがノーベル文学賞。人間の描写がよくできています。

無色透明なキャラがどこまで通俗的センチメンタリズムをつついていくかわかりませんが、感激しますか。。
星4つに期待して読んでみようかな。わざとらしさが見えた瞬間に読むのをやめるから最後までくいついていけるか楽しみです。

No title

ノベルさん。原田さんはニューヨーク近代美術館などに勤務して、キュレーターとして活躍したみたいなので、ゴヤの「裸のマハ」からつけたらしいということです。兄が作家の原田宗典さんとのこと。この手の作風は癖がないので、それほど好き嫌いはないと思いますが。。。

No title

原田宗典の妹!!そういえば原田宗典は何処へ行った?20年位前はかなり読んでたのだけれど・・・妹のオブザーバーになってたりして。。。

No title

タバさん。そういえばいなくなっていた?(笑) と。。。ちょっと調べてみたら、まだ生きているみたい(笑) なんか躁鬱病とかも書いてあるけれど。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR