〈炎路を行く者〉上橋菜穂子

守り人シリーズが完結してから、忘れたころにこっそり外伝が出ていますが、これもそのひとつ。
「蒼路の旅人」でチャグムをさらった、タルシュ帝国のヒュウゴの生い立ちを描いたこの作品は、なんと「蒼路の旅人」以前に書かれていた話で、それゆえに今まで日の目を見ることのなかったということのようです。
今回、バルサの少女時代を描いた「十五の我には」と舞台背景を似かよわせたおかげでか?日の目を見ることになったみたいです。
著者のキャラに対する並々ならぬ深みを感じます。

【炎路の旅人】
ヨゴ皇国の近衛兵の父親を持つヒョウゴは、ある日タルシュ帝国に侵略に遭い、命からがら助かる。
助けたのは不思議な生き物で会話をする、リュアン。
その父、ヨアンの家にしばらく厄介になるヒョウゴだが、迷惑がかからないように酒場で下働きをすることになるのだが。。。

口の利けないリュアンとの会話に、ヒョウゴの首に巻き付いてその意思を伝える、この世のものでない生き物が、自然に物語に溶け込んでいるところにワザを感じました。
この生き物の存在や、リュアンの目に見えているものなど、ナユグとのつながりを感じさせます。

【十五の我には】
護衛士の仕事をしている最中に、はめられた十五歳のバルサは深手を負い、ジグロとともにしばらく街の酒場で下働きとして働くことになるのだが。。。

十五歳の時に、自分に足りないことを気づかなくても、二十歳になれば気づくようになり、二十歳の時に気づかないことがあっても、三十歳なれば気づく。
年をとるごとに若いころの自分の至らなさに気づく。
それは死ぬまでそんな感じなのかも、と読んでいて思ってしまった。
ちょっとした話なのだけれど、やけに考えさせられる話に展開させるのはさすが。
相変わらず、推敲に推敲を重ねた文章は、読んでいて心地いいし、ほんと上手いのひとことです。

偕成社 2012年2月発行 ★★★☆


http://ecx.images-amazon.com/images/I/61KmLIINMJL._SL75_.jpg炎路を行く者 —守り人作品集— (偕成社ワンダーランド)
読了日:03月29日 著者:上橋 菜穂子

読書メーター

スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

年を経て、気づくことってありますね。これは興味深いです。図書館で検索してみます。
ポチ☆

No title

ずいぶん昔のグインサーガのあとがきに、読者から「先生は15歳の気持ちが全然わかっていない」と断じられ、「私だって15歳の時はあった」と栗本氏が書いていたのを思い出します。若い人は年寄りは何もわからないというのですけど、実は自身が何も知らないんですよね。どうしてあんなに自信たっぷりでいられたのか、今になると不思議な気がするくらいです。
年寄りは不思議なくらい寛容だと思っていたら、自分もそうなりましたよ(笑)。
上橋氏は物語世界の構築の仕方がとても深いですよね。そこからどんどん新しい物語が生まれて見せてくれるといいなあって思います。

No title

Puffさん。シリーズ物なので、「精霊の守り人」からといいたいところですが、これは他の話がわからなくても独立して読めるかもしれないです。

No title

めにいさん、グイン・サーガのあとがきにそんなことが書いてありましたか。すっかり忘れていますね~ 15のころの私も、ほとんど何考えてたか忘れてしまっています(笑) でもいまよりは自分が見えていなかったというか、周りも見えていなかったような気がします。上橋氏はそういった、ちょっとしたことをキャラたちにふりかけるので、ほんと、奥深い話になるんですね。

No title

「精霊の守り人」あまりにも有名だし、FMでラジオドラマを聴いてた事あったかな?長い間、キャラを追い続けていると作者の中では本当に息づくものなのですね。

No title

図書館に予約してありますがまだ8番なので読むのは先になりそうです。
ヒョウゴは個性の強い人物ですが登場が後だったので少々描きこみが少ない気がしていました。外伝で補足するのは良いアイディアですね。

No title

タバさん。アニメ化にもなってなかなかメジャーになったようです。たしかに長年付き合っていると(笑)、愛着がわきますよね。

No title

びぎRさん。めにいさんが早めに記事にしていたからか、早めに予約できたようです。これからも書き込みが足りなかった部分の補填作業みたいなものがあるといいですね。

No title

このシリーズ外伝まで出てるんですね!!
ここまでは遠い道のりだぁ~~(汗)
でもそれだけ楽しみも多いということで、まずは二作目をいつか読みたいです。

No title

るるさん。なんとかがんばって辿りついてください。。。
でも、これからあのシリーズが読めるとはうらやましい限りです。。。

No title

わかりやすい内容みたいですね。
でも、僕は反対だと思いますよ。年を重ねるごとに
気づかないことが多くなる笑
それだけ広い視野を持たないといけないからでしょう。
足りないことは、昔から死ぬまで変わらないような気が笑

No title

Novel1dayさん。普通、歳をとると見えてくるものがあるはずなんですが。。。(笑) もしかして歳をとるごとに若くなる、ベンジャミン・バトンじゃないですか?(笑)

No title

リュアンとヒュウゴの首に巻きつくやつが可愛いですね~
通訳してくれたりする理由も謎ですが(笑)

No title

びぎRさん。あの生き物、首に巻きついて通訳するとは、ふつうは不気味な感じですけれど(笑)、可愛く見えてしまうのは、やはり著者の筆によるものでしょうね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR