〈東京ポロロッカ〉原宏一

最初、妙に引っかかるタイトルのポロロッカって何だ?と思っていましたが、毎年、南米のアマゾン川で起きる大逆流のことをポロロッカというようです。
月の満ち欠けで大潮になって、海水が海から押し寄せてアマゾン川を大逆流するらしい。
この時、海から押し寄せてくる波が5メートルくらいになるということのようで、嫌でも、この間の大震災の津波を想像してしまいました。
なので、それをヒントにこの作品を書いたのかと思いきや、この作品の初出は3・11以前の雑誌ということのようです。
そのあとに起きた未曾有の大災害に、この作品を書いた著者もびっくりしたことでしょう。

話としては、東京の多摩川が大逆流するという未曾有の災害の噂に、翻弄される人々を描く連作集です。
いつも居酒屋に呑みに来る社長が工場移転を考えていることの真実は。。。
ひとり暮らしの老女の世話をするお手伝いさんが、もしかしたら老女が振り込め詐欺にあっているのではと心配する、など、この奇妙な噂を織り交ぜて、それがもとで、家族の絆が出来ていくという話が読んでいて心地良いです。
さりげなくこういった人たちを描いて読ませる技術は、毎度上手いなあと感心するばかりです。
「いまバリ波みてえなのがきてくれたら、マジざまみろなんだけどな」
この冒頭のサーファーたちの会話が、いまどきの若者の会話らしくて、爆笑。。。
こういったところも、ほんと、上手いなあと思います。

光文社 2011年11月発行 ★★★☆

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61%2BDQQN4pHL._SL75_.jpg東京ポロロッカ
読了日:12月03日 著者:原宏一



読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

確かに面白そうです 
私にはこういうお話は思いつきそうにないですが、こういう話は読んでいて視点がプロだなと思います
若者会話は私にはもう、ついていけません

No title

またまた元気が出る本を書いてくれたんですね。原ちゃん。
東京箱庭鉄道が文庫本になったので、友達に薦めてます。

No title

タヌキさん。原氏はどちらかというとあまり有名な作家さんではないですが、かなりのキャリアを積んでらっしゃるので、安定した作品を創出しています。若者言葉もきちんと勉強していて面白いですよ。

No title

めにいさん。原氏の書く小説は、いつも惹きつける何かがあって良いんですよね。東京箱庭鉄道は、特に生きる希望がわいてくる、傑作ですね~

No title

ポロロッカって、レストランかスーパーの名前になかったかな?
・・・と関係ない事思ってしまった。

No title

タバさん。それってレストランやスーパーなら、大逆流ということですから、凄いネーミングかも。。。(笑)

No title

多摩川って私には馴染みがあるからそれが逆流というだけでワクワクしますね~
実際に起こったら見に行って巻き込まれるかも(笑)

災害の際でも普通の生活が続くというのは以前見た映画「大怪獣 東京に現わる」に似た感じなのかもしれませんね。

No title

ジョウゴ(漏斗)の形に外側へ広がった入り江と、繋がるような形の川。と言う地形で起きる現象らしくて、例えば潮来(イタコ)などが日本でも有名みたいです。

10センチ程度のポロロッカが起こる川なら実際に知ってるんですが、それなりに不思議な眺めでした。

東京で突然そんな現象が起こる。と心配させようとしたら、どんな説得力が必要なんでしょうね。

No title

びぎRさん。馴染みがあるところが小説に出てくるとちょっと嬉しいですよね。母の兄がこの間の大雨のときに田んぼを見に行って、いきなり鉄砲水を食らって近くの山に駆け上って助かったみたいです。びぎRさんも見物するときはニュースにならない程度で行動してください(笑)

No title

イカダさん。ほほう。。。日本でも実際に起きる現象だったんですね~ でも10センチ程度だとよくわからない感じもしますが。。。(笑) じつは噂の出所が例のいまどきの若者のサーファーなので、そこも面白い感じなんですよ。

No title

アマゾン川で起きる大逆流のことをボロロッカというのですか。
多摩川が大逆流、何だか面白そうなストーリですね。さっそく、図書館で検索してみます。ぽち☆

No title

Puffさん。どうやらアマゾン川でなくても、川の逆流のことをポロロッカというようです。多摩川というと、アザラシのタマちゃんくらいしかイメージがありません(笑)

No title

読もうと思って、コメント入れていなかったんですね。失礼いたしました。
面白かったです。頻繁に多摩川を電車から見ていた人間で、どの地域も親しみを感じてしまいました。春になったら川べりを歩いてみたいと思います。ポロロッカが来ないことを願って・・・(笑)

No title

めにいさん。いやいや。私もめにいさんからコメントが入っていたものだと思っていました(笑) って、よく見たら入っていますよ、上から2番目に。。。多摩川、東京に行くときに電車から見ることがあるけれど、そこを歩くのは広くて気持ち良さそうです。

No title

あは!そうでした。せっかちでお騒がせしました。

No title

めにいさん。けっこう見落としてしまうことってありますよね~
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR