〈Newton 2011年12月号〉〈日本一楽しい!遺言書教室〉

2011年11月07日 - 2011年12月04日の読書メーター〈ノンフィクション・漫画・その他〉
読んだ本の数:2冊
読んだページ数:288ページ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51AOVvv7UoL._SL75_.jpg日本一楽しい! 遺言書教室
遺言書ってどういう風に書くんだろうと興味を持ち読んでみました。遺言書がなかったせいで揉める例に興味津々。とくに子供がいない夫婦は片方が死んだら、残った1人にすべて財産が行くと思いきや、そうでなかったのには驚き。。。あてはまる人は絶対に遺言書が必要かも。。。あと、遺言書に、相続する1人1人に言葉を添えるというのはいいかもしれない。
読了日:11月29日 著者:佐山 和弘

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51lYX02geML._SL75_.jpgNewton (ニュートン) 2011年 12月号 [雑誌]
【宇宙最高速度『光速C』】 
光は30万キロメートルという猛烈な速さで進む。
相対論の予言する宇宙の最高速度の光速の壁が今年の9月23日に破られたと発表され、人工的に生成された素粒子「ニュートリノ」が世間で騒がれている。
相対性理論がくつがえる可能性も出てきて、これからこの分野から眼が離せませんね。
【ベタベタしないテープができた】 
粘着剤を使わなくても簡単にはがれないテープが開発された。
ヤモリの足のミクロな構造がモデルらしいけれど、粘着がなくてどうやって貼れるのか、実用化が楽しみです。。。でも、一般の人には高くて買えないかも(笑)
【新世代の飛行機を徹底解剖】
ボーイングのほかに日本のメーカーも35%貢献している次世代飛行機。
機体の50%に炭素繊維の複合材料(CFRP)が使われているらしい。
燃費効率がいいので、飛行機の飛べる時間が長くなり、ハブ空港を介さずとも、直通で行けるようになるようだ。
って、私、まだ飛行機、乗ったことがないので、あまり関係ないかも。。。(笑)
読了日:12月02日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

遺言、考えたことはないけど、いつかは聞いたり、言ったりすることあるかもしれない。どちらにしろ別れの話は辛い
ニュートリノで光速の壁が破れるのが確実になるとき私たちの物理がどのように変わっていくのか楽しみ早く完全国産機が作れてメジャーになれば、日本に少しは復興の起爆剤になるかも?

No title

タヌキさん。遺言書って、人によっては実はかなり大事なことなんだと思わされました。これを読んで遺言書に対しての見方が変わりました。
物理学がいろいろと盛んになることも、経済にとっていいことかもしれませんね。。。

No title

財産がないので遺言というより、自分の人生の感想文でも書けたらいいかも。。。

No title

ばっどさん。その日が近くなったら、ぜひとも自分を褒め殺す感想文を書いてくださいまし。。。

No title

今は平等、平等と言われるので、きちんと遺言があると助かりますね。
エコノミック症候群が怖いから、飛行機はあまり長く飛びすぎない方がいいかも(笑)。

No title

めにいさん。仲の良い兄弟間でも、嫁が入ることで揉めてしまうようです。遺言は残された人たちを幸福にするモノのようです。飛行機、なるほど。そういうもんなんですね~

No title

遺言、大事なことだけど、なかなか難しいですね。
子供のいない夫婦は残された方に財産がいくのじゃないのですか・・・?

No title

Puffさん。子供がいない場合、夫ないし、妻には4分の3なんですよ。4分の1が亡くなった人の兄弟姉妹に行ってしまうんです。こういった特殊な場合はほんと、遺言書が必要なんだな、と思いました。

No title

巨大飛行機が普通に動く時、なんだか不気味な音がして気になるんですが、あれは着陸のために翼の浮かぶ力を増す仕掛けが動く音だったんですね。

滑走路でスピードアップする時と、地面から離れた直後急上昇するときの感覚・・・・人によってはエキサイティング。人によっては恐いかも。

No title

イカダさん。飛行機に乗ったことがないから、そこのところの音はよくわからないんですが、あんなでかい飛行機が飛ぶこと自体が私的にはありえね~し、不気味です。。。(笑)

No title

光速を超えた素粒子は「ニュートリノ」でしたか。
大昔に読んだスタートレックの小説版ではタキオンだったような気がする(笑)

No title

びぎRさん。スタートレックも昔、時代の先端を行ってましたか(笑) 最近になってヒッグス粒子も発見されたようですね。きっと欧州合同原子核研究機関(CERN)に新たに設立された素粒子研究所の性能がいいんでしょう(笑)

No title

タキオンのこともチラッと載ってましたね。
光速の測定の歴史が特に興味深かったです。

No title

びぎRさん。人類がいろいろと考えるようになってきて、機械の性能も年々、向上していますから、これから先も楽しみですね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR