〈シャドウハンター骨の街上・下〉カサンドラ・クレア

じつは本の評判も、作者のこともぜんぜん知らなかったんですけれど、図書館の新着にリストに載った時から、タイトルが妙に気になって予約を取ってみました。
タイトルといっても、「シャドウハンター」のほうでなく、「骨の街」が気になったのですが(笑)

15歳の少女クラリーは、ある時、見えてはいけないものが見えてしまった。
それは妖魔を殺す、3人の美しいシャドウハンターたち。
だが、その晩に母が妖魔に襲われ、連れ去られてしまう。
クラリーはシャドウハンターたちのもとに保護され、驚くべき事実を知ることになるのだが。。。

最初、妖魔を刈る美しいシャドウハンターたち(男2人と女1人)と、少女が出逢って、という展開に、もしや吸血鬼と人間のロマンスを描いた小説の「トワイライト」な感じだと思っていたら、なかなか骨のある展開に。。。
次から次へと、緻密に展開するので、読んでいてなかなか面白い。
本国アメリカでも、かなり売れたらしいので、それがわかる出来かも。
全体的に、ちょっと「ハリー・ポッター」な世界といった感じもするけれど。
とはいっても、そこのところは、著者が上手いので、それを思わせない出来ではある。
親しいと思っていた人が突き放したり、味方だと思っていた人が裏切ったりと、一筋縄ではいかない展開もいい。
しかも天賜の杯(モータルカップ)を探したり、どこでもドアな「ポータル」、主人公の出世の秘密など、読ませるアイテムがてんこ盛り。
次の巻が気になるシリーズといったところ。
私的には、出てくる男たちが美しいのがいい(笑)
どこの国の女性たちも、この設定には喜ぶのでしょうね(笑)

創元推理文庫 2011年4月発行 ★★★★

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iHERy1T3L._SL75_.jpgシャドウハンター 骨の街 上 (創元推理文庫)
読了日:08月25日 著者:カサンドラ・クレア
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51%2By-g8TjUL._SL75_.jpgシャドウハンター 骨の街 下 (創元推理文庫)
読了日:08月27日 著者:カサンドラ・クレア

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

もしやシャドウハンターになる条件その一が美形だったりして?

ぎっしり創り込まれた作品みたいですね。男たちの美しさも緻密な表現でしょうか。

No title

出てくる男たちが美しい!!!
へぇ~、なるほどおもしろそうですね^^ぽち☆
早速図書館で検索してきます!

No title

イカダさん。そういう設定はいいかもしれません(笑) けど、この本に美形が多いのはたぶん著者の趣味だと思う(笑) 内容はさすが創元推理社といった感じですね。

No title

Puffさん。男性キャラが美しいからちょっとだけ点数が上がったのかもしれませんが、あくまでも評価はストーリー展開に対してです。

No title

タイトルからはB級の匂いがプンプンしますが(笑)
このタイトルで勢いのみじゃなくて骨のある展開ですか?
藤中さん、良い鼻してますね~(笑)

No title

骨のある話だから、骨の街
美形主人公万歳!は万国共通かな?
吸血鬼がどの国でも扱われる怪物なのは美しいからかも~。

No title

びぎRさん。たしかにタイトルをもうちょっと何とかしてほしかったですね。表紙イラストだけ見ると、まるでロマンス小説だから、それで民衆の興味を引きたかったのかも。。。おかげさまで、最近、当たりが多いです。。。

No title

タヌキさん。いくら骨があっても、タイトルにはちょっと不向きな感じですが、私の気を引いたのだから案外、成功かも?(笑) 美形好きな書き手は、きっと女性に多いんでしょうね~

No title

評価はストーリー展開に対してですね^^;当然ですね☆

No title

Puffさん。とはいっても、キャラクターの魅力もストーリー展開の良さの一部ですけれど。。。

No title

それはそうですね。
来週月曜日の新作(?)評価も楽しみにしています^^

No title

Puffさん。よくわかりましたね。楽しみにしてください。。。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR