〈ピエタ〉大島真寿美

新聞の書評を読んで、図書館予約を取りました。
失礼ながら、著者を知らなかったのですが、かなりキャリアのある方だったんですね。

かつては作曲家のヴィヴァルディが指導していた、孤児たちを養育するピエタ慈善院の〈合奏・合唱の娘たち〉
そこで育ち、今は運営に携わっている、エミーリアのもとにある日、恩師、ヴィヴァルディの訃報が届く。
エミーリアはかつての恩師が遺した一枚の楽譜を探すために、ヴィヴァルディにゆかりのある人物との接触をこころみる。
それは過ぎた過去の秘密を解きほぐす作業でもあった。。。

題材が題材だけに、ちょっと読みにくいかな、と恐れていたんですが(笑)、次から次へと読ませる、悟りを開いたような文体(笑)というか、完成された文体にいつしかグイグイと引き込まれました。
いや、ほんと、なんか、すごく文章が上手くて、惚れ惚れします。。。
直接的に、これこれこうだと書かないで、会話や文章から、それとなくほんのり匂わせるのが、じつに上手い。
これがきっと、本物の小説家のワザなんだというのがひしひしと伝わってくる文章です。
これと比べると、私の文章なんかは、ちょっと説明しすぎているというのが、痛いほどよくわかる。
比べるのもなんだけれど。。。(笑)
ま、自分のことは置いておいて(笑)、この作品は作曲家ヴィヴァルディをとことん調べていって、それで出来た脇役たちの物語と言った感じかも。
一枚の楽譜の在り処も、かなり意外性がありドラマティックです。
読み終わった後に、なんかいいものを読んだな、という気分になるし。
書評で取り上げられたのも、うなずける出来かも。

ポプラ社 2011年2月発行 ★★★★

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51LHc8pz1DL._SL75_.jpgピエタ
読了日:08月07日 著者:大島真寿美



読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

私も文章が説明文ですからほのかにかもしだすプロの文章を見習いたいものです 
藤中先生も、自分のことは置いておかなくて新作発表頑張ってください

No title

おはようございます♪
文章が上手くて惚れ惚れですか☆
面白そうですね!ぽち☆
さっそく私も図書館で検索してみます^^

No title

タヌキさん。文章力がある作家というのは、読んでいて、それだけでありがたい気持ちらなります。いろいろと勉強になりますね。

No title

Puffさん。文章が上手いと読みやすくていいです。そういったことも気遣って書いたといった、完成された文章ですね、この作品は。

No title

『四つの季節』の大作曲家が、慈善もやってたとは知りませんでした。

ミステリー仕立てと言うことは、最後らへんでヒロインが危機に??



をを!藤中先生の新作発表が!・・・待ってます!!!!!

No title

イカダさん。ヴィヴァルディのことをよく知っていたら、もっと楽しめるのではないかと思います。ヒロインはあまり危機にはならないけれど、ほのかなミステリーが意表をつきました。ということで、新作発表はそのうちに。。。(汗)

No title

ヴィヴァルディの曲に親しみが感じられますよね。
それぞれの女性の生き方の違いが深みをもたらしていました。

No title

めにいさん。ヴィヴァルディはけっこう色々と波乱があった方なんですね。私は曲くらいしか知らないから、ほとんど、ほほうと思って読んでいました。

No title

「過去の秘密」ってヴィヴァルディの秘密なんでしょうか、歴史的大発見?(笑)
説明が足らないとそもそも意味不明になりますから塩梅が難しいんでしょうね。
音楽題材も好物なのでチェックしておきます。

No title

こんにちは☆
図書館で予約したら、前に12人もいました^^;結構、人気があるんですね。

No title

びぎRさん。じつはヴィヴァルディの人物像のことはよく知らないので(汗)、どこまでが事実でどこまでが創りごとなのかよくわからなかったりします。でも、そんな私でもサクサク読ませるんで、著者の技量は確かだと思います。それにしたも、音楽題材も好物でしたか。たしか楽器をやられるんでしたよね。

No title

Puffさん。うちの図書館は26人待っています。東野圭吾とか「もしドラ」だと400人待ちですから、まずまずの人気でしょう。。。

No title

これも読んでみたくなりますねぇ~。でも、素晴しい文章って、読んでしまったら、自分のモノになるってモンでもないのが悔しい所です。

No title

タバさん。たしかにここまで書けるのは、それ相当な長い年月を、根気で書き続けての極致(笑)だと思います。悟りを開くぐらい書かないとダメかも。。。(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR