〈ミッドナイト・ラン!〉樋口明雄

著者は1987年に「ルパン三世 戦場はフリーウェイ」でデビューした方だそうです。
調べたら、何やら、次元を主役にした面白本だそうですが、現在、絶版らしい。。。
この本は、書評で高評価だったので、図書館予約をとりました。

ネットで集団自殺するために集まった男女5人。
けれどもそこで、見知らぬ少女が助けを求めたことから、ヤクザに追われることになる。
少女を安全なところで下ろして、再び5人は自殺をしようとするが、今度は少女誘拐と殺人未遂で警察に追われてしまう。
5人はひとまず、自殺をあきらめ、逃げることになるのだが。。。

ネットで集まった5人の自殺者が、事件に巻き込まれてしまうということで、まずは出だしがいいです。
舞台が横浜と横須賀に挟まれた、架空の都市、港南市(鎌倉市と逗子市と葉山町が合体した都市?)ということで、ちょっと「蝦蟇倉市」的なパラレルワールドがなかなか面白かったです。
後半からは、港南市のミニFM局「FMパイレーツ」のDJの女性が絡んできて、ここのところ映画「パイレーツ・ロック」を彷彿。
たぶん著者はこれに影響を受けたんだな、というのがひしひしと伝わってきました(笑)
ラストのほうはドタバタだけれど、映画を観ている感覚で楽しめて、キャラ5人+1人の動向も気になり、一気に読んでしまいました。
ちょっと息を抜いて、楽しんで読むにはうってつけの本かも。
著者もそこのところを目指しているようでもありますね。

講談社 2010年12月発行 ★★★☆

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51zc9t1A2tL._SL75_.jpgミッドナイト・ラン! (100周年書き下ろし)
読了日:04月30日 著者:樋口 明雄



読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

むかーし、まだ学生だった時、ライトノベルや「超怖い話」という短編集でこの方の作品を読んだ気がいたします。ホラー作家じゃなかったんですね

No title

おはようございます!
映画を観ている感覚、面白そうですね。
息抜いて楽しめる本が好きです☆ポチ!

No title

殺人未遂の疑いを晴らせば自動的に自殺未遂が発覚。。。。これはやはり逃げるしかないかも。

でもどうせ死にたいならヤクザと対決したほうが結果が早い・・・・勝ったりして?

No title

タヌキさん。いま調べたら、ほんと、ホラー作家な作品が多いですね。超怖い話だったら、たぶんこの著者には近づかなかったかも。。。(笑)

No title

Puffさん。ちょっとした見せ場もあったりして、ほんと、映画を観ている感覚で楽しめます。地理的に近場が舞台というのも楽しめます。

No title

イカダさん。逃げの一手の自殺者集団(笑)ですけれど、ヤクザと対決というか、あくまでも逃げ切るのが対決といった感じになってきます。タクシーが跳ぶのが凄いですよ。

No title

「ルパン三世 戦場はフリーウェイ」はうちの図書館にはあります。
こっちを「読みたい本」に登録しておきました。
ミニFM局のDJが絡んでくるのが面白そうです。自殺志願者から見れば大きなお世話なことを張り切ってやりそうですね。

No title

びぎRさん。ありましたか。それは凄くマニアックな図書館です(笑) うちの図書館はルパンの別のアンソロジーしかないです。人気集落の崖っぷちのDJがリスナーたちと一緒に、指名手配された自殺志願者を助けようとするのはなかなかです。

No title

同タイトルの映画は観たことがあるけど、全然違うみたい。

No title

ばっどさん。ロバート・デ・ニーロですね。2人の珍道中?ものだと思ったけれど、あれ、私けっこう好きなんですよ。この著者も映画畑っぽいので、その作品を意識しているんでしょうね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR