〈モップの精と二匹のアルマジロ〉近藤史恵

清掃作業人探偵キリコの4冊目で、初の長篇ということらしい。
この本が図書館から来てみてそれを知りました。
あいかわらずシリーズものを途中から読んでしまう私ですけれど(汗)、そういった人を念頭に置いているのか、案外すんなり物語に入っていけました。

大介が勤める会社が入っているビルは、妻のキリコが清掃を受け持っている。
ある日、キリコは見知らぬ地味な女性から「夫の浮気調査」を頼まれる。
夫はこのビルに入っている会社に勤めているのだという。
しかもその夫、かなりの美形で女性社員の憧れの的だった。
キリコは不釣合いの夫婦に秘められた謎に巻き込まれていく。。。

長年書いていたシリーズだからか、キャラが立っていて読みやすいのが、まずいい。
謎解きも想像していたような単純なことではなくて、なかなか複雑めいた、思ってもみなかった解決というのもポイント高いです。
この作品の主題である、二匹のアルマジロ。
ヤマアラシのジレンマはよく聞くけれど、アルマジロ?と思いつつ、いま、アルマジロの映像をみたら、なるほどこれはと思ってしまった(笑)
しかし、こういった人って、本当にいるんだろうか?
でも私も、どちらかというと、著者と同じに、ふわふわな可愛い生き物よりも、アルマジロの気持ちの方がよくわかるかもしれない。
だから結婚できないのか、私。。。(笑)
近年の近藤史恵作品は、どの作品も安定して読ませますね(と、いきなり〆る(笑))

実業之日本社 2011年2月発行 ★★★☆

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ITOS3O9EL._SL75_.jpgモップの精と二匹のアルマジロ (ジョイ・ノベルス)
読了日:04月10日 著者:近藤 史恵

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

いろんな探偵がいるものですね。 アルマジロ、甲羅のようなので体をおおっている動物~これと結婚がどう結び付いたんだろう。 お堅いってこと?

No title

タヌキさん。アルマジロの謎は、これをいうと、作品そのもののネタバレですからあえていいませんが、私自身はそういう人ではないのですけれど、気持ちはわかるかな、と。ま、人生においてはいろいろとあるってことを言っておきます。。。(笑)

No title

アルマジロにんげん・・・・さぞや多くのトラウマが。

鎧も殻も要らない平和な人生って、きっと上手な人は簡単なんでしょうけどね。

モップの精と言うのはいいネーミングです。お掃除作業者もこう言えばろまんちっく・・????

No title

イカダさん。現代はアルマジロにんげんにとっては生きていくには厳しい世界なのかもしれないですね。この話は、設定的に、若い女の子が今風の奇抜な衣装で、東京のオフィスビルを清掃ということで、清掃員のイメージをオシャレに描いています。

No title

仮面ライダーにはアルマジロングと言う怪人がいましたが・・・それはまた、別の話。動植物の名前を聞くと咄嗟にライダーの怪人が浮かぶワタシ・・・だから結婚できないのか??

No title

清掃作業の人ってどこにでも出入りするし、ゴミを漁っていても怪しくないし、探偵するにはうってつけなのかもしれませんね~ 家政婦と共通するところがあるかな?(笑)

No title

タバさん。仮面ライダーの怪人にそんな名前がいましたか。怪人の名前なんて覚えてないです、私。。。さすがにそういったことにかけてはマニアックなほどよく知ってますね~(笑)

No title

びぎRさん。最近では、殺人事件現場の清掃員探偵とかもトレンド?ですし。。。なんと私は「家政婦は見た!」の初回をリアルタイムに観ていたりします(笑) それだけが自慢です。。。(笑)

No title

このシリーズ1冊目を読みました。
最後に結婚しちゃったので、どうなるかと思ったら、まだ同じビルで働いているのね。なるほど~~。
最初から謎解きが簡単じゃないし、人間もよく練られていて面白かったですよ。

No title

めにいさん。お互い、いったん仕事場が別々のビルになったみたいですけれど、偶然に(笑)また一緒になったという設定です。このシリーズ、最初から謎解きが単純ではないみたいですね。。。良く出来た話でした。

No title

私の会社に入っている清掃員を思い浮かべてしまいました^^
ところで、女性社員の憧れの的となっている夫を持つ妻、この夫婦に隠された秘密とは?おもしろそうですね。

No title

Puffさん。私の仕事場のビルの清掃員はおじさんなので、思い浮かばなかったです(笑)
じつはこの夫婦に隠された秘密というのが、この作品の最大の落としどころとなっています。。。

No title

結局シリーズ全部読みました(*^_^*)
最近文庫化されましたね。その前に読んでいたのでちょっとうれしい(笑)。

No title

めにいさん。シリーズだと知らずに読む人が、手を伸ばしやすく相乗効果が見込めるからでしょうか。文藝春秋は上手いですね~(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR