〈SFマガジン2009年9月号〉〈カローンの蜘蛛〉〈カナンの試練〉〈魔境遊撃隊第一部・第二部〉

2011年02月24日 - 2011年3月14日の読書メーター〈雑誌・再読本〉
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1176ページ

http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/x-site/icons/no-img-sm.gifカローンの蜘蛛 (角川文庫―トワイライト・サーガ)
20年ぶり(爆)に再読。Ⅰの表題作で、後々のカルスとゼフィール王子の運命がわかってしまっているということに今更ながら気づいた。あとトワイライト・サーガはグイン・サーガの世界より後の話だということも。クリスタルにある真理の塔の、全面レンズの処刑部屋がナイス。。。
読了日:02月24日 著者:栗本 薫
http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/x-site/icons/no-img-sm.gifカナンの試練 (角川文庫―トワイライト・サーガ)
再読。Ⅵの「リリス」は、「ピプノスの回廊」を読んでから読むと、ランドック関連だったのかと驚愕。。。もう、このときで、グインがどうやって記憶喪失になったのか、ちゃんと考えていたのだとわかる(あたりまえか) Ⅸの「迷路島」の《迷路の司祭》グラチウスは、まさかあのグラチーの成れの果てではないでしょうね。。。(笑)
読了日:02月28日 著者:栗本 薫

http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/x-site/icons/no-img-sm.gif魔境遊撃隊 (第1部) (角川文庫 (5810))
作家、栗本薫くんが、謎の美少年、印南薫率いる探検隊に同行したセント・ジョセフ島での奇々怪々な冒険。。。昔読んで面白かったのと、グインつながりがあったような気がして再読。薫たちと敵対するオーガスタ率いる3悪人が、ドロンジョ様とその部下のようで、オーガスタのセリフを思わず小原乃梨子の声を想像して読んでしまった(笑)
読了日:03月07日 著者:栗本 薫
http://g-ec2.images-amazon.com/images/G/09/x-site/icons/no-img-sm.gif魔境遊撃隊 (第2部) (角川文庫 (5811))
再読。昔読んだときほど面白くなかったけれど(笑)、この作品は「余はいかにしてグイン・サーガを書きはじめたか」な話だった。グインとのつながりがようやくわかってすっきりした(笑)
読了日:03月09日 著者:栗本 薫

http://ecx.images-amazon.com/images/I/518rOXT-apL._SL75_.jpgS-Fマガジン 2009年 09月号 [雑誌]
栗本薫追悼ということで、「ピプノスの回廊」で読んだ〈水惑星の戦士〉と「心中天浦島」に収録されてある〈遙かな草原に…〉と評論の〈語り終えざる物語〉ヒロイック・ファンタジー論序説を掲載。「心中天浦島」は文庫で持っているので読んでいないのは評論だけでした。
著名人による追悼エッセイでは漫画家の三浦健太郎の追悼が。。。やはりこの方「グイン」の影響を受けていましたか。「ベルセルク」のグリフィスってぜったいナリスですよね。
他に山本弘の連載「地球移動作戦」が最終回。
「スター・トレック」のやおい本にはびっくり。カーク船長とスポック萌えですか(笑) いまや、やおいは世界共通ってこと?
あと驚いたのは鈴木光司の短篇ホラー〈ドロップ〉がトイレットペーパーで読めるらしいこと。林製紙株式会社から210円売られているらしい、企画としては面白そうだけれど実際、トイレットペーパーでは読みたくないかも。。。(笑)
読了日:03月11日 著者:

読書メーター

それにしても地震は凄かったですね。
私は地震当日は、仕事場で国会中継を観ていて(笑)、そこで地震になる前に緊急地震速報が流れて、おおっ、すごい予知かよ、でも宮城のほうだから、こっちは来ないだろうと油断していたら、凄い揺れになって、テレビがバチンと切れました。
これは大変だと慌てて仕事場の2階からよたよたと降りると、通りは凄い人。
みんなニュージーランドのことが記憶に新しいのか、ビルにいられなかったみたいです。
黒人の方もビビッたのか驚いた顔をして3階から非常階段を降りてきていました。
そのあと海に面した市だから、津波警報が逃げ出したくなるほどうるさいくらいに鳴り響いて恐ろしかったです。
停電していて仕事にならないので、とっとと帰りましたが、暗くなってきても電気がつかないので、ロウソクに火をともしました(笑)
水道もでなくて、トイレはフロにたまっていた水を洗面器で流したりと。。。(笑)
結局、電気は8時半についたので、ホッと一安心。
しかし電気がないって大変なことだと痛感しました。
被災地ではもっと大変でしょう。
私は帰宅難民にはならなかったですが、知り合いには、川崎から横浜まで歩いてそこから地下鉄に乗ってバス乗って、何とか帰ってきた人とか、5時間歩いて帰ったきたとか、結局、次の朝になったとか聞きます。
今日から節電ということで私の市は、計画停電の第1グループと第5グループに入っているんだけれど、いったいどっちなのかわかりません。。。
第5グループだったら、商売上がったりです。。。
いま調べたら第5グループ(15:20~19:00)でした。。。がちょ~ん。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

再読という手がありました。私は持っていた本を処分してしまったので、図書館に予約しました。さて、この地震の最中、いつ届くでしょう(笑)。

No title

めにいさん。当時はよくわからなかったけれど、いま読むといろいろとグインとの関連がわかって面白かったです。しかし計画停電、ぜんぜんやってませんね。。。(笑)

No title

トイレットペーパーに掲載とは、独創的なのか自虐的なのか。まあ作品の出来次第?

電気が止まって水が止まって。パニック起しても不思議じゃない状況のなか、
対策が可能な範囲とは言え、あれこれの不自由を乗り切った元気で復旧完了の時まで持ちこたえますように。

No title

イカダさん。トイレットペーパーで読むというのはちょっと暇ないよという感じですけれど。。。(笑) なんだか、みんな買い占めているのか物不足で、特に食料品と日常品売り場は凄い行列です。こういったのに並んで待つ忍耐も身につけて、さらに不自由に磨きがかかっています(笑)

No title

「がちょ~ん」は古いぞ!

No title

こんにちは。トワイライト・サーガはかな~り昔に読んだんですが、もぉすっかり忘れてます。そのうち再読だなぁ。魔境はすっごく面白かったような覚えがあるんですが、恭美さんの感想を読んでなんとなく納得しました。思い出は美しすぎて、じゃないけど、頭の中で美化している可能性も大で、今読むと初読時ほどは感動しないのかもしれません。(若かったしなぁ、あの頃は。。。)ま、そのうちこれも再読です。

No title

ばっどさん。ちょっと年代ばれちゃいますね~(笑)

No title

さにーさん。トワイライト・サーガは、忘れた頃に読んだほうがより楽しめるかもしれません。とくにグインを全巻読んでから読むと、おっ、とか思うこと請け合いです。魔境は私も、当時はほんとすっごく面白かったような気がしたんですけれど、あれ? 下巻が面白いんだっけ?でも下巻もあれ?という感じですよ(笑) いまのライトノベルが若者に面白いように、あの頃の私たちが若かったからなのかもしれないですね。

No title

地震の発生を知ったのは、地震が発生してから随分経ってからでした。こちらはほとんど揺れず、停電もしなかったんで、テレビを点けるまで気が付きませんでした。あんまりテレビを点けないんですよ。今思えば怖い話です。緊急地震速報を聞き逃してしまいますからね。
海に面した市にお住まいなんですね。今回の地震は揺れによる被害よりも津波による被害の方が大きかったんじゃないかと思います。
電気に加え、水道も止まってしまったんですね。本当に大変でしたね。とりあえず怪我もなく、帰宅難民にもならずで良かったです。【汐桜】

No title

最近、地震予知というのが進化したのか、私もテレビを観ていてびっくりしたのですけれど、これから大きな地震が来るから注意とでたときは、おおっとか思ってしまいました。海に面したといっても、海までけっこうありますから、それほどの恐怖はないんですけれど、警報がなるときは市全体に流れるのでビビリます。電気と水道は5時間位で復帰したから良かったですけれど、あの地震はもう2度と体験したくないですね。

No title

おかげで、初読のように楽しめました。今回単行本だったので、挿絵もたっぷり楽しみました。ありがとう。

No title

めにいさん。単行本でしたか。それはレアな代物ですね(笑) 調べたら、うちの図書館では単行本は「カローンの蜘蛛」しかありませんでした。今度、こっそり見てみます。。。

No title

んんっ、栗本薫週間ですか?
私はいずれも未読ですがトワイライト・サーガは要チェックですね。

No title

びぎRさん。ちょっと本棚を整理していたら見つけてしまったので。。。
トワイライト・サーガは、グインとの関連におっと思ったりと、なかなか深く?楽しめます。

No title

おはようございます!GWはお出かけでしょうか~^^
それで、この記事までひっくり返して読みました。
ニュージーランドの地震がまだ記憶に新しいうちに大震災となって、
はや2ヶ月ですね。藤中さんのとこは当日、停電したんですね。トイレとかやっぱり水をお風呂にためておいたのが役に立ってよかったですね。私も溜めておこっと。もう2度とこんな大地震があってはこまるのですけど。

No title

Puffさん。GWは1日だけ休みで、あとは仕事です。でもちょっと横浜まで行って、また宮城の母の友人に救援物資を送ってきました。どうもまだ下水道が直っていないらしいので。。。私のほうは地震当日はそのまま、ロウソク生活に突入しました(笑) でもこれでいろいろと教訓が出来て、これから来る(であろう)地震の備えが出来ましたが。たしかに地震は来ないにこしたことはありませんけれど。

No title

「遙かな草原に……」結構好きなんで 「心中天浦島」読んでみようかな。

No title

びぎRさん。 心中天浦島はほとんど忘れてしまっているけど、どれもよかったようなきがします。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR