〈Newton 2011年2月号〉〈総門谷〉〈経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門〉

2011年01月04日 - 2011年2月6日の読書メーター〈漫画・雑誌・再読本〉
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:983ページ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/31TmQPDVinL._SL75_.jpg経済ニュースが10倍よくわかる「新」日本経済入門 (アスコムBOOKS)
中国の為替を自由化にすると、輸出黒字経済国から転落、だから中国政府は為替固定性にこだわっている、や、ユーロはドイツにいちばん有利な通貨、どんなに輸出黒字を出してもギリシャなどがいるからユーロ高にならない、など、眼からウロコなことばかり。
しかも消費税上げなどの話は、官僚がマスコミをうまく操作しているらしい。
今の日本を救うにはもうすでに公共事業(雇用を生んでGDPを上げる)をやるしかないのかも。。。
読了日:01月27日 著者:三橋貴明

http://ecx.images-amazon.com/images/I/21E1K9PDWAL._SL75_.jpg総門谷 (講談社文庫)
再読。岩手で起きた一連のUFO騒動。番組制作者の篠塚とアメリカの大学から帰ってきた霧神顕は真相を探るうちにある存在に気づく。。。何気に本棚を整理していたら見つけてしまい、再読なのにすっかり内容を忘れていたせいか、読み始めたら止まらない面白さ。ピリ・レイスの地図、極移動、インカの脳手術、日本と世界のピラミッドなどの知識はなるほどと思ってしまう。特にピリ・レイスの地図にいたっては本当に宇宙人がいるような気がしてくるし(笑) なんとなく鳩山由紀夫が同志にみえてきたりした(笑)
読了日:02月03日 著者:高橋 克彦

http://ecx.images-amazon.com/images/I/516LEIY1mtL._SL75_.jpgNewton (ニュートン) 2011年 02月号 [雑誌]
「微分と積分」
1665年、ニュートンが23歳の時に生み出した革命的数学手法「微積分(微分と積分)」
人工衛星の軌道、建築物の強度、経済状況の変化などで使われている「微積分とは何か?」を特集。
「微積分」は、ニュートンより前ににライプニッツが考えついたために、「微積分の創始者」を巡っての泥沼の争いが生じたということもあったらしい。
なぜかというと、1687年にニュートンの歴史的大著である「自然哲学の数字的諸原理」通称「プリンキピア」には、微積分で証明されるものが別の方法で説明されたりと、その時点では微積分を考え付いていなかったのではと誤解を受けたため。
とはいえニュートン力学をまとめた「プリンキピア」は科学史上最も重要な書物なんだそう。。。
ということで、ニュートン流の表記法は物理学の分野で使われているということのようだけれど、高校ではライプニッツの表記法を使った微積分が主流らしい。
「ウィルスとは何か?」
インフルエンザウィルスなど、ウィルスの形って、本当に個性豊かでさまざま。
でも眼に見えたら、これほど気持ち悪いものはないかも。。。(笑)
「シリーズ、エコカー最前線 第1回【覇権を狙う電動車】エコカーのエコとは何か?」
いわゆる巷でエコカーと呼ばれているものは、ハイブリッド車。
でもハイブリッド車でも二酸化炭素排出量がかなりあるので、完全に電気自動車にするか、二酸化炭素が排出されないように工夫が必要。
電気で走って、ガソリンでも走る、プラグイン・ハイブリッド車がこれからのトレンドになるらしい。
身近な?の科学「冷え性」
女性の2人に1人は冷え性らしい。
たかが冷え性といっても、放っておくと病気を引き起こす原因にもなるので要注意。
予防としては、筋肉をつくる運動をして、食事をきちんと摂るといいらしい。
私はなぜか、手足とともに尻が冷えるんですけれど。。。なぜ?(笑)
読了日:02月05日 著者:

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

でも無茶苦茶な公共事業はやめてほしいです

No title

誰も行ったことがないはずの南極が地図に載ってたり、絶対測量してない場所が精密に記録されてたり。そんな地図をつくれる文明が世界のどこにもない時代の摩訶不思議なオーパーツ・・・・


誰の意見を信じれば景気がよくなるのか・・・いや結果さえ出してくれれば。

No title

タヌキさん。みんなが助かるものならいいかも。都会の道路を、電柱を埋めて広くしたりとかなんかはいいし、地方なら、買い物弱者の問題もなんとか公共事業で出来そうですが。。。

No title

イカダさん。ピリ・レイスの地図はほんと不思議ですよね。こういうのを考えると、宇宙人を信じる者がでてくるのもうなずけます(笑)
景気はとりあえずは働く人をどうにか作るしかないという、高速造ったり、新幹線造ったりと、昔のやり方って、それなりによかったのかも、と今になって思います。ただ、地方の誰も使わないところをやるからダメなだけで。。。

No title

どうせ公共事業をするなら故郷の自然を再生するとか、日本橋の上の高速道路を取るとか、今までやったことの逆をやるのがいいのかも。
高橋克彦の作品は読みやすいわね。さすがベストセラー作家。

No title

電気自動車でも発電所では火力で二酸化炭素を出したり、事故があればもっと危険な原子力だったりしますからエコと言えるのかどうか。
永久機関でも発明すれば本当のエコカーが作れそうですけどね~

No title

めにいさん。それはいいアイデアですね。減反なんかやらせないで、空いた田んぼや畑で農作物をつくらせるのもいいかもしれないですね。
高橋克彦はこのころの話はかなり凝っていて面白いです。

No title

びぎRさん。電気自動車自体も二酸化炭素を多少は出すので、本当のエコは難しいかも。せめて道端に植物を植えるとかの抵抗をするしかない。。。(笑) 永久機関、夢のようなエネルギーだけれど、案外、発明されたりして。。。

No title

「総門谷R」を読んだのが間違いでした。顕や総門谷の謎を知らないまま読む方がワクワクしたと思います。

No title

ネタバレしてからこの本を読むのは、やはりもうちょっと間を置いてからの方がよかったのかも。。。また忘れた頃に読んでください(笑)

No title

こんばんは♪
私も冷え性です。ただ今、筋肉を作ろうと努力してます。でも筋トレって楽しくないわ^^;

No title

Puffさんも冷え性ですか。冷え性って手足が冷えてけっこう冬場は困りますよね。お互い筋肉を作りましょう。。。

No title

ニュートンは結構変わり者だったらしいですね。
個人的にはあまりかかわりたくないタイプかも(笑)

No title

びぎRさん。後世に残っているものは、変わり者だから成しえた発想なのかもしれません。。。たしかにこういう人が近くにいたら大変ですね(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR