鑑賞雑記《1月17日~1月30日》

2011年1月17日 - 2011年1月30日の鑑賞メーター
観たビデオの数:7本
観た鑑賞時間:724分

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51VZMazuAlL._SL75_.jpgシャーロック・ホームズ [DVD]
2009年米 おなじみの名探偵を新解釈で映画化。論理的な推理で事件を解決という、ホームズものの概念を打ち破ってアクションを前面に押し出した感じがやけに新鮮。しかも事件というのが何やらアヤシゲな魔術の世界で、これまたホームズものと違うものを観ているようだった。でも、結局、ホームズファンも唸らす、伏線張りめぐらせた解決でこれにはたいした、たまげた。
鑑賞日:01月18日 監督:ガイ・リッチー

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51f1duavPIL._SL75_.jpgアルマゲドン2010 [DVD]
2010年米 巨大彗星が地球に接近。核ミサイルで迎撃したが、その破片が地球に降り注いでくる。。。水が欲しくなると必ずありつけてしまうのがなんかな~ 同行の女性も助けた割には、どうも可哀想な感じだし。しかし、いったいこの手の映画をいくつ創れば気が済むのか?(笑) 観る私も私だけれど(笑)
鑑賞日:01月21日 監督:ミチョ・ルターレ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51W5iRjmK-L._SL75_.jpg12 ラウンド (特別編) [DVD]
2009年米 捕まらないと評判のテロリストのマイルズを逮捕したダニーだったが、逮捕する最中にマイルズの恋人を死なせてしまったことから復讐の標的に。。。復讐が容赦ない。こういった犯罪者は中途半端に捕まえない方が身のためかも。。。
鑑賞日:01月24日 監督:レニー・ハーリン

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51xJnzFh93L._SL75_.jpgボルト [DVD]
2008年米 テレビドラマのヒーロー犬として活躍するボルトは、それを現実の話だと思って過ごしている。あるとき、間違って荷物として運ばれてしまったボルトは、自分が普通の犬と自覚しながらも、テレビドラマで競演する子役の許に帰るためにアメリカを横断する。。。素材はいいのに、ディズニーにしては、何かひとつ物足りない出来。。。ボルトがヒーロー犬を演じているのをわかっていたほうがよかったような。。。
鑑賞日:01月27日 監督:クリス・ウィリアルズ バイロン・ハワード

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Ra9ffhfWL._SL75_.jpgダレン・シャン~若きバンパイアと奇怪なサーカス~ [DVD]
2009年米 英国作家のダレン・シャンの原作を映画化。親友の命と引き換えに半分バンパイアになったダレン・シャン。吸血鬼の世界の抗争に巻き込まれていく。。。サイボーグ009の加速装置みたいなバンパイアの動きが面白い。しかし、渡辺謙が妙だ。。。
鑑賞日:01月28日 監督:ポール・ワイツ

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ns9zruYVL._SL75_.jpg新しい人生のはじめかた [DVD]
2008米 離婚した妻との間に出来た娘の結婚のためにイギリスに来た売れないCM作曲家の中年男と、孤独な独身女性のふれあいを描く。。。エマ・トンプソンはでかいし、ダスティン・ホフマンは背が低いわで、この2人が並んで歩いていると、妙に欠点が浮き出てしまい、お互い損な作品のような気がする。それが狙いなのか?
鑑賞日:01月29日 監督:ジョエル・ホプキンス

ベティ&ビリー 愛と地獄の逃避行
2008年カナダ 護送車で移送される最中に、恋人ベティの助けで脱獄したビリーは、7年前に客を皆殺しにしたレストランのある町へと向かう。。。単なる逃亡ものかと思っていたら、突如としてサイコな展開。。。でも、ロウソクつけたり、そんな暇あったのかと辻褄が合わない感じもする。鑑賞メーターになし。。。
観賞日:01月30日 監督:K・C・バスコーム

最近、公開した映画では「GANTZ」が気になります。
アニメで観たときの衝撃は凄いものがあったもので、実写化ではどうなるのだろう、と。
ねぎ星人とか。。。(笑)
今回観たなかでは、今までのホームズのイメージを覆した「シャーロック・ホームズ」がよかったです。

鑑賞メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

『シャーロック・ホームズ』は観ました。今までに無いホームズ映画でしたね。次回作ではモリアーティ教授との対決が見られそうで、そちらも楽しみです。

『GANTZ』よりも『RED』ですよ!(笑)

No title

ホームズとダレンシャンの2本だけ観ました。
う~ん。。。。ダレンシャンに軍配かなぁ。。。

No title

モーリス・ルブラン氏をカワキリに、ホームズのパクリする人は多いですねえ。やっぱり存在の大きさでしょうか。

No title

はなみさん。ロバート・ダウニー・Jrはけっこうノリノリでしたね。アクションものの戦うホームズはなかなか新鮮で面白かったです。シリーズ化されるみたいなので、しばらくはこれで食いつないでもらいたいです(笑)

No title

タヌキさん。「GANTZ」はアニメから漫画に走ったんですけれどエロかった。。。(笑) 実写化ではどうこの面白さが表わせるかですね。渡辺謙は妙な存在感を放ってましたが、話題にならなかったのはヒットしなかったからかも。

No title

kennyaskrさん。なんか続篇作るぞ、みたいなノリがミエミエだったんですけれど、ホームズものらしくきちんと推理ものになっていたので、点数高かったです。「RED」って元CIAのご老人たちが。。。というやつですね。モーガン・フリーマンも出ているみたいなので、こちらも期待大です。

No title

ばっどさん。ダレンシャンはさすが児童書の大ベストセラーなだけあるからかスジ運びは手堅いですね。半分バンパイアというのがいいし、つぎがなかなか楽しみです(って、シリーズ化されるかわからないけど)

No title

イカダさん。当時の小説界では、論理的に推理というのは画期的で誰もが1度はパクリたいと思ったんでしょう。とはいっても、「まだらの紐」とか、ちょっとアヤシイトリックが多いですけど。。。(笑)

No title

ファイターなホームズってのが今までに無い切り口で良かったですよね。見てみたくなったのが「12ラウンド」と「ダレン・シャン」その内、時間作って・・・。

No title

タバさん。戦うホームズってなかなか新鮮でした。ワトソンがいなかったら、別物という感じでしょうか。「12ラウンド」と「ダレン・シャン」はホームズの次あたりにお薦めです。

No title

お!gantzのアニメってすごいですか?
コミックのグログロさに実写がどうするのか・・・と勝手にびびってます。
どうも輪切り全裸転送シーンはあるみたいだけど・・・^^;

No title

toll-npcさん。アニメのほうは漫画よりもエログロ度を抑え気味で程よい加減です。いちばん最初に観たのがアニメだったので、ねぎ星人とか衝撃でした。でも視聴率がよくなかったのか途中で終わった感じでしたね。実写も輪切り全裸転送シーンありますか。それがいちおうメインですからね(笑) どうなることやら。

No title

こんにちは。私もホームズ、楽しんで観ました。ダウニー・Jrはアイロンマンといいヒット続きですね。若い頃は薬物使用で逮捕されたりしてたんで役者生命も危ぶまれていたけれど、中年になって(失礼!)落ち着いて来たのかな。ホームズ2作目は彼の女装もありというウワサなんですが、かなりゴツイ感じになりそう。。。それはそれで楽しみです。。。

No title

さにーさん。若い頃はやんちゃでも(笑)、年取ってから悟りを開いたように落ち着くタイプでしょうか。ダウニー・Jrは。。。役も楽しんで演じていたのが、観ている者にも伝わりますしね。2作目は女装ありですか。女装というか(笑)変装といえばアルセーヌ・ルパンか明智小五郎なので、やはり2作目も従来のホームズ像をぶち壊しにかかるようですね(笑)

No title

ホームズはワトソンの雰囲気が新鮮で面白かったです。あまりこだわらなければ楽しめますよね。
ダレン・シャンは原作を読んでいなかったので展開がわからなく面白かったです。続編の話出ませんネエ~~
新しい人生の始め方は、二人の掛け合いは面白かったけど、いかんせん年寄りすぎ!!って(笑)。。

No title

めにいさん。たしかにワトソンの雰囲気は新鮮でしたね。そうみるとホームズは普通だったかも(笑)
ダレンシャンはなかなか面白いんですけれど、サーカスという設定に横溝や乱歩が好みそうな古臭さみたいなものがあって。。。(笑)
新しい人生~はいい話なんですけれど、違和感というかしっくり来ないものがあって。。なるほど、年寄りすぎ! それでしたか(笑)

No title

おはようございます♪
シャーロックホームズ、大好きなので、唸らせてもらいたいです!ポチ★

No title

シャーロックホームズはいまや聖書の次くらいに売れている世界のベストセラーですから、ファンは多いみたいですね。だからこういった話も未だに映画化されても色あせないんでしょうね。

No title

ホームズはさすがガイ・リッチーって感じだったねぇ。最初から最後まできっちり作りこんでるのもよかった。
またきます。
ダブルでした♪

No title

ダブルさん。アクションものと思いきや、なかなかミステリ部分もきちんとしていましたね。だからか終始、新鮮な感じでした。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR