鑑賞雑記《1月1日~1月16日》

2010年01月02日~01月15日の観賞メーター
観た本数:7本

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51X-Tktc9BL._SL75_.jpgアバター
観賞日:01月02日 監督:ジェームズ・キャメロン 2009年米
元海兵隊員で脊髄を損傷して車椅子生活のジェイクは、衛星パンドラの先住民のナヴィと人類の遺伝子を融合した分身、アバターに自身の意識を移動させる実験に参加。アバターとして、衛星パンドラに乗り込むのだが。。。物語としては単調で長すぎる。でも映像は凄いので、これは3Dで観るための映画なのかも。。。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51lckMymH4L._SL75_.jpgエスター
観賞日:01月03日 監督:シャウム・コセット=セラ 2009年米
養子として引き取られた少女エスター。聡明な子供と思われていたが、徐々に周囲を怯えさせるような本性を表わしていく。。。子供が2人もいるのに、3人目が死産したからといって養子を引き取る心理がよくわからない。でもエスターが怖いし(笑)、意外な正体も予想外。しかしラストで蹴りを入れた母がいちばん怖いかも(笑)

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51hd7H0rG5L._SL75_.jpgあなたは私の婿になる
観賞日:01月04日 監督:アン・フレッチャー 2009年米
ニューヨークの出版社で男並みにバリバリと働くカナダ人女性が、ピザ切れによる国外退去処分を阻止するために、部下との結婚をでっち上げることになるのだが。。。ラブコメディだけれど、サンドラ・ブロックは何をやっても逞くていい(笑)

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51dU4QWRXQL._SL75_.jpgライアーゲーム ザ・ファイナルステージ
観賞日:01月05日 監督:松山博昭 2009年フジテレビジョンほか
人気ドラマの劇場版。お人よしな女子大生、直は高額な賞金を賭けてプレイヤーが騙しあう「ライアーゲーム」の決勝戦に出場することになる。。。ゲーム自体は単純なのに、騙し騙されてと、スムーズに運ばないところが面白い。ドラマは未見なので、ちょっと観てみたい。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51pEB06lEUL._SL75_.jpgサウンド・オブ・ミュージック
観賞日:01月06日 監督:ロバート・ワイズ 1964年米
1938年のオーストリア。修道女のマリアは家庭教師として、厳格なトラップ大佐の子供たちを教えることに。。。あまりにも有名なミュージカル映画だけれど、これまで真面目に観ていなかった。数々の名曲が素晴らしい。能天気に歌うだけの話と思っていただけに、ラストにいたっての深刻な展開にびっくり。。。テレビ東京で観たのだけれど、池上彰氏の当時のオーストリアの状況解説がよくわかってより楽しめた。しかし池上彰氏はあいかわらず何でも知っている。。。(笑)

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51P5RzJ9R2L._SL75_.jpgレッド・プラネット
観賞日:01月07日 監督:アントニー・ホフマン 2000年米
2050年、滅亡の危機を迎えた人類は火星に移住をしようと、火星の酸素を増やす実験を順調に行なっていたのだが、突然、酸素の量が低下してしまう。女船長ボーマンたちは、調査のために火星に向かうが、アクシデントが発生してしまう。何気に観てしまったのだけれど、なかなか面白い。何でも食い尽くして酸素を吐き出す虫。これから共存するのも命がけのような。。。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51wkpsUU9DL._SL75_.jpg恋するベーカリー
観賞日:01月15日 監督:ナンシー・マイヤーズ 2009年米
人気ベーカリーの経営者ジェーンは、10年ぶりに離婚した夫と不倫の関係に。しかも同時に建築家の男友達にも惹かれてしまう。。。メリル・ストリープを巡っての、取り合い?になんかな~(笑) しかしアレック・ボールドウィン、どうしちゃったのといった感じ。メタボすぎ。。。(笑)

鑑賞メーター

今回、「ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ」が、かなり好きだったかも。
フジテレビで映画を放映するまえに、過去のドラマを全部、流してくれると有難いんだけれど。。。
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

アバターは観ました。映画館で観たせいか、それほど長く感じませんでした
ストーリーはどこかで観た感じでした~。
ライアーゲームはドラマを一気に観てみたいです

No title

アメリカ人もようやく異文化への敬意に目覚めた。と言ったところでしょうか。確かにマリノフスキーの事跡を語るより3D映画のほうが効果的かも。

サウンドオブミュージックって、実話らしいですね。知らんかった。

No title

タヌキさん。アバターは3D映像で観ればいいのでしょうが、テレビ、しかもアナログテレビだったので、映像を魅せるシーンがやけに長く感じてしまいました。ライアーゲーム、一気に放映して欲しいですね。

No title

イカダさん。私のように巣篭もりしながら、映画を観る人にとっては3Dテレビを入れないと、といった感じです。。。まだアナログなので、安くなるのを待っているんですが(笑) サウンドオブ~って、じつはあっと驚く戦争映画だったんです。

No title

今回はメジャーどころが多いですね。「ライアー・ゲーム」はドラマの方がはまりますよ~^^「エスター」は予告のみ見ましたけど、他に子供がいるのになぜ?って確かに思いました。でもホラーなので観ません(笑)
「恋する~」は、ほんっとにメタボなアレック・ボールドウィンが痛かった!!

No title

はなみさん。WOWOWの番組が今回メジャーどころを揃えたようです(笑) ライアーゲームはたしかにドラマの方が良さそうです。最近、珍しく朝起きると、必ず新聞のテレビ番組をチェックしています。「エスター」はホラーなんですが、変なオチが待っているんですよ(笑) 「恋する~」はメタボなのに(笑)、裸のシーンが多くて、ドンヨリしてしまいました。

No title

『アバター』『エスター』『レッド・プラネット』は観ました。『アバター』は劇場で3Dで観るべき映画ですね。凄かったです。『エスター』の正体には腰を抜かしそうになりました(笑)。『レッド・プラネット』はかなり前に劇場で観て以来未見でした。あの頃は火星が舞台の映画が多かった気がします。。。

No title

『アバター』は「単調で長すぎる」ですか?映像だけなら本を読んで想像するのに勝るものはないから、ストーリーがいまいちなら私にとってはあまり価値がないかもしれませんね。
『レッド・プラネット』はギャオで配信中なので終了までには見ようと思っていますよ。

No title

kennyaskrさん。アバターはたしかに3Dで観たら凄いでしょうね。映像が命みたいな感じな作品で、ま、ストーリーもそこそこだけれど(笑)、できることなら3Dのテレビを入れて観たい作品です。エスター、びっくりですよね、あの正体は。レッド・プラネット、筋が読めたので、観たのはたぶん2回目かもしれないです。

No title

びぎRさん。映像は素晴らしいので、3Dで観るのならかなりお薦めです。たぶん、映像で観るために長々とシーンを流しているんだと思います。ストーリーは、ま、こんなものかといったところですが(笑) レッド・プラネットは私もギャオで観ました。いまバジリスクを配信すれすれで観終わったところです。

No title

羨ましい・・・時間取って、映画三昧の日を設けたいと思います。サウンド・オブ~は昔、サウンド・オブ・サイレンスと混同してました・・・。

No title

あいかわらず忙しそうですね。何とか時間を取って映画三昧してくださいね。サウンド・オブ・サイレンス、たしかに間違いやすいです。いちおう~ミュージックを意識して付けたんでしょうか?

No title

〈エスター〉
この作品を知ったのはネットでホラー映画を探してる時に関連商品として表示された時です。一目でかなり怖そうだなと思いました。ちょっと観る勇気が出ません。
〈ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ〉
ドラマは1のみ見てました。2は直の雰囲気が変わってしまったんで、ちょっとしか見てないです。直と秋山の関係が進展するらしいんで気にはなってるんですが。
今月はここまで。またお邪魔させていただきます。【汐桜】

No title

エスターはなかなか怖かったです。こんなにも怖かったのは、たぶん、子役の子が迫真の演技をしていたからかも。
ライアーゲームは、ドラマ1だけ観てましたか。いや、1を観ただけでも凄いですよ。私はその存在すら知りませんでしたから(笑) しかし直はそんなにも変わってしまったんですか。これは必見ですね。
また隙を見てご訪問くださいね。

No title

レッド・プラネットは、何気に観てたら食いついていた作品です。
アバターは、3Dで観るべき作品、ストーリーはいたって単純でした。劇場で長いと感じたなぁ。。

No title

レッド・プラネット、なかなかツボをついた作品でしたよね。
アバター、劇場でも長く感じましたか。わざわざ3Dで、きばった?のに、意味ないじゃん(笑)

No title

こんばんは♪
サウンドオブミュージックはあまりにも有名なので、私もちゃんと観た事がありません^^;
最後に深刻な展開が。。。意外です。観たくなりました☆ポチ!

No title

Puffさん。さすがに名作というだけあって、その名に恥じないなかなか魅せる映画でした。
今回、観てよかったと思いました。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR