〈Newton 2011年1月号〉〈三宅久之の書けなかった特ダネ〉〈ゴールドマン・サックス研究〉

2010年12月04日 - 2010年1月03日の読書メーター〈漫画・雑誌・その他〉
読んだ本の数:3冊

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41anRniiV4L._SL75_.jpg三宅久之の書けなかった特ダネ (青春新書インテリジェンス)
読了日:12月16日 著者:三宅久之
鳩山一郎や岸信介、田中角栄の時代なので、この時代に生きていた人にとっては、これらの秘話もおおっといった感じで驚くのだろうけれど、私にはあまりにも古い話すぎてピンとこなかった。この著者をあんまり好きじゃないのもあるかも。。。(だったら読まなきゃいいんですけれど、この本が来るまで気づかなかった(汗)) 著者は政治評論家なのに、自○党をえこひいきし過ぎ。。。評論家こそ、中立をたもって欲しい。ま、○民党から官房機密費もらっていたから仕方ないか。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/41UUnneRnjL._SL75_.jpgゴールドマン・サックス研究──世界経済崩壊の真相
読了日:01月02日 著者:神谷秀樹
20年まえに著者が入社したGSは将来性のある企業に投資して、支援し、育成する根を持ち、憧れの企業だった。
それなのにいまでは「モラル上は破綻」「ウォール街のデブ猫」「空売り野郎」と評判を落としてしまったGS。
サブプライムとかの証券化商品を売ったGSだけれど、なかでも凄いのが、死にそうな人から生命保険を解約料より高く買い取って、それを証券化商品にして売り出したりとか、そこまでやるか~
ギリシャのCDSに売りをかけて、破綻に追い込んだのもGSみたいで、儲かれば何でもアリな感じに怖いものがある。
日本もギリシャまでとは行かないけれど、40兆円の税収で92兆円の国家予算を組んでいる。
いままでバラマキや子供手当て、高速道路1000円とかやっても、GDP──国民総生産が20年間、470兆円より上向かないのだから、これからもただ借金が増えるだけって感じで、後々のことを考えると怖い。
1929年の大恐慌のとき、38年後に2番底がきたらしい。
歴史が繰り返すとしたら、リーマン・ショックの何年後か、来るべき、「2番底」に備えた方がいいのかも。。。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51udZ%2BNTt3L._SL75_.jpgNewton(ニュートン) 2011年1月号 [雑誌]
読了日:01月03日 著者:
「ノーベル賞特別インタビュー」
2010年度ノーベル化学賞を受賞した根岸英一氏と鈴木章氏が発見した〈クロスカップリング反応〉
薬や液晶など、身の回りのさまざまな物質の合成に利用されている。その発見までの道のり。
クロスカップリング反応ってなんなのかよくわからなかったんだけれど、これを読んでよくわかった。
最終的には、つくりたい物質だけをつくることができる、鈴木カップリングのエコ合成がより多く使われているそうです。
「元素の誕生物語」
元素には最初、水素とヘリウムしかなかった。ビッグバン、恒星、超新星爆発がすべての物質の生みの親。元素が宇宙でどのようにして作られたかを紹介。
137億年という宇宙の歴史の中で、つくりかえられてきた元素。元素って、色々な物につくりかえられることが出来るものなんだそうです。
思考の迷宮「パラドックス」
〈シュレディンガーのネコ〉のパラドックスなど、良く知られたパラドックスを紹介。
論理パズルを解くときには、こういった考え方が役立ちます。
〈落書きするな〉という落書きは、どちらかというとギャグかも(笑)
「マグロの養殖最前線」
〈クロマグロの完全養殖〉に成功。将来的には海水も親マグロも不要になって、サバからマグロが生まれることがありえるらしい。。。

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

ゴールドマンサックスって、漫画の悪役にありそうな名前に聞こえる
やる過ぎはなんでもいけないんですよね~

No title

ゴールドマンっていう名前からして、なんかそんな感じですよね(笑) 半端じゃないボーナスを貰っているということで話題になりましたが、やはりその犠牲になっている人もいる感じです。

No title

海水も不要って…なんか魚肉工場みたいなグロテスクなイメージを浮かべてしまいました(笑)

No title

さすがに水なしということでなくて、真水ということですが。。。全部が全部ということではないのですが、魚はしかたなく海水で暮らしていることもあるらしいです。

No title

三宅氏ってテレビ討論のときもずいぶん偏った人だと思っていました。記者と言うのに自民党と馴れ合ってたみたいでしたね。
私だけが知っていると言う微笑みがあまり好きじゃなかったわ。

No title

そうなんですよね。テレビでちょっとイヤな感じだから、あまり好きではなかったのですが、タイトルに惹かれてうっかり手を出してしまいました。新聞、テレビ、雑誌の記者って、色々と馴れ合いみたいなものが未だにあるみたいです。

No title

ゴールドマン・サックス研究──世界経済崩壊の真相
・・・う~む、こーいった本も読まないと、読んだ上でないと、自身の創作にも簡単に限界が来そうです。悪役はこうあるべき!!的な意味で^^ 今年もよろしくお願い致します。

No title

小説を書くなら、いろいろと知識があった方がより広い視野でモノが書けるので、いろんな本に手を出すのも手かな、と最近になって思いました。こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

No title

こんばんは~^^
ゴールドマン・サックス研究──世界経済崩壊の真相、怖い~~^^;
私も読んでみようかな☆ポチ!

No title

いまどきの世相などもわかってなかなか目からうろこです。
なんでもいいから金儲けに走るは、まずいですね~

No title

「元素の誕生物語」にはちょっと哲学的な思索をしちゃいました(笑)

No title

びぎRさん。元素の誕生には、たしかに哲学的に考えないと、わからないこともあるような気もしますね。
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR