雑記《11月30日~12月13日》







ちまたはイルミネーション花盛りですけれど、ちょっと郊外を通りかかったときに、「なんじゃこりゃ~」と思って、思わず母がカメラにおさめたシロモノです。
資○堂、中国需要で儲かっているのか。。。?
株買わないと。。。(笑)
そういえば最近になって、建長寺がご近所さんという(笑)代々地元の鎌倉ウォッチャーの人に聞いたら、オバマ大統領が食べた抹茶アイスは、紅谷のかまくらアイスの宇治金時(抹茶と呼ばれていないのが昔風)というアイスだということが判明。
マスコミと鎌倉のアイス屋のあいだで、一部のアイスだけが売れるので、どこの抹茶アイスとかは突込みを入れない協定ができていたらしい。。。
でも私、夏に紅谷の宇治金時を食べたけれど、あんまり美味しいとは思わなかった(ミルクは美味いけど(笑))
本当にオバマ大統領が食べたのかは微妙って感じです。

2010年11月29日~12月12日の観賞メーター
観た本数:5本

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61CPEYWFJtL._SL75_.jpgアバター・オブ・マーズ
観賞日:11月30日 監督:マーク・アトキンス 2009年米
SF小説「火星のプリンセス」を映画化。瀕死の重傷を負った特殊部隊の男が、探査のため体外離脱装置で火星に分身を送る。やがて火星人同士の争いに巻き込まれていく。。。う~ん。昔ならまだしも今の時代にこれはまずい。。。これが映画として存在していること自体もまずい。。。(笑) ただ、瀕死の体に戻って、また火星に行くという希望あるラストがちょっとよかったけれど。。。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PfBQOCHNL._SL75_.jpgヘル・ドライブ
観賞日:12月01日 監督:エンダ・マカリオン 2009年米
飲酒運転で男を轢いてしまったメアリーは、証拠隠滅のために男を埋めるが、男は死んでおらず、復讐される。。。ホラー映画だと思っていたので、男はいったん死んで甦ったのかとか思ってしまった。。。(笑) しかし、車のバンパーの先に付けられてのドライブは怖い。。。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51u1xYW%2B09L._SL75_.jpgキャピタリズム~マネーは踊る~
観賞日:12月05日 監督:マイケル・ムーア 2009年
サブプライムローン問題はあらかじめ仕組まれていた!? リーマンショックまでの過程とそれ以降のことがよくわかる映画。日本でもそうだけれど、ヘッジファンド、ゴール○マン・サックス証券って、悪い奴。。。ラスト、自分たちの税金で立ち直って利益を出す金融会社に、黄色い立ち入り禁止のテープを貼りまくるマイケル・ムーア監督。あいかわらず体を張った映画をつくる。。。

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51HJHx41NIL._SL75_.jpgスリザー
観賞日:12月10日 監督:ジェームズ・ガン 2006年米
宇宙生命体に体を乗ったとられた人間が町中を襲う。。。生き残るであろう人は、危機一髪になっても絶対に体を乗っ取られないようにできているのがみえみえだしと、全篇に微妙な感じが漂う映画だけれど(笑)、なんとか観させる何かがある(笑) ラスト、何か落ちがあるのかと思っていたら、何もなかった!(笑)

http://ecx.images-amazon.com/images/I/61fIa9j%2BfoL._SL75_.jpg映画 レイトン教授と永遠の歌姫
観賞日:12月12日 監督:橋本昌和 2009年米
人気ゲームシリーズの初の劇場版アニメ。考古学者レイトン教授が、「永遠の命」を1人の人間に貰えるという、危険な謎解きのゲームに参加することに。。。「カイジ」を髣髴させる出だしといい、アニメだけれど、なかなか面白い展開。大泉洋、堀北真希ら声優陣もなかなか健闘している。

鑑賞メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

不景気続きの昨今、イベント会場はともかくとして個人宅でイルミはやっぱり・・・・と思います。そんなところでアメリカの真似しなくていいのに。。。。。。


なんと、いつの間にかジョン・カーターの世界が映画に。今時あんな異生物にリアリティ感じる人いないだろうけど、火星の忠犬ウーラは好きです。

No title

えーとその火星映画はあの映画の前に存在していたと・・・?
それは・・・知らなかったことにしておきましょうか

No title

イカダさん。これ個人宅ではなくて、某企業の工場です。私も今日、見にいったけれど、郊外の暗闇にポツンと光り輝くシロモノが出現といった感じで、おののきました。

No title

タヌキさん。映画は原作がちゃんとありますが、某アバターがヒットしたので、それを真似て創ったようです。アメリカには模倣映画を創る専門の映画会社があるんだそうです。

No title

イルミネーションが綺麗ですね~~★
アメリカ人は口が大雑把ですから、どんなんがおいしいのか疑問。。。
飲酒運転で男を轢いてしまって、証拠隠滅のために男を埋めるが、男は死んでいない。こわい~~~!!!!ポチ!

No title

口じゃなくて舌か。。。

No title

アメリカ人は舌が大雑把ですか。だったら、抹茶アイスでなくて、あの宇治金時アイスでも、ありかな、と思います(笑) 飲酒運転はしないほうがいいってことを、こういったホラーな映画は教えてくれます。飲んだら乗るな、ですね~

No title

宇治金時と抹茶って微妙に違うような気がしますが…
抹茶っていう方が甘さ控えめな感じ。私がそう思ってるだけかな?

映画として存在するのもまずい映画 … いやぁ、面白そうですね~(笑)

No title

宇治金時は、字が甘そうですが(笑)、食べるとちょっと堅めの抹茶アイスという感じでした。
アバター・オブ~はまず火星人というところから、まずい(笑) あと重力がないので、ぴょんぴょん跳ぶ。。。それもビジュアル的にまずい(笑) 全体的にこんなの創るなよ~なんです(笑)

No title

『アバター・オブ・マーズ』はアルバトロスが配給だと知って見るのをやめました(笑)。imdbでも評価が滅茶苦茶低いようで...

『スリザー』は見ました。昔ながらのB級映画って感じでしたけど、それがまたいいんですよねぇ~、バカっぽくて(笑)。

No title

アルバドロス。そのまえのターミネーターの模倣映画からして、落ちが脱力だったので期待していなかったんですが、怖いもの見たさに観てしまいました。火星に人間みたいな宇宙人がいるか~とか、いろいろと無駄に映像が凄いです(笑) 観ている人もこの会社の映画だからと許容しているから未だに潰れないんでしょう。。。(笑) スリザーは民放の深夜にうってつけの内容でしたね。

No title

あ!スリザーみたみた
なんかお笑いだったような気がします
TBしときます

No title

お笑い、たしかにそうだったかも。。。
微妙のような(笑)、面白いような、複雑な映画でした。。。

No title

すべて観てない作品。。。

う~ん。。。 (○ ̄ ~  ̄○;)ウーン・・・マンダム。。

No title

最近、WOWOWはマニアックなものが多いんです。。。
というか、私がマニアックなのものに、ことごとく反応しているのか。。。(笑)
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR