〈YOU!〉五十嵐貴久

「信じられる? ジャ○ニーズに女の子が合格って!?」
という新聞広告の煽り文句に惹かれて(美少年コレクターで日頃からジャ○ニーズ系をチェックしている私にとってはオイシイ設定であ~る(笑))、図書館予約をとってみました。

高校を卒業した小沢優は、好きなヒップホップダンスを続けるために大学に進学せずに、とりあえずは英会話の予備校に通うことになった。
母親は父親の仕事の関係で海外に行ってしまって、優は憧れのひとり暮らしの真っ最中。
月の食費の稼ぎと、日給1万円の映画のエキストラの募集にいったのはいいけれど、どこで間違ったのか、気づけば男性アイドルグループばかりを輩出している事務所のオーディションに合格してしまった。
最初は好きなアイドルのバックダンサーになれるという、ほんの出来心で事務所に入った優。
男性としてデビューを目指して、合宿に参加することになる。。。

男の世界に、女の子が男のフリをして入るという少女マンガではよくある設定なので、それほど目新しいことはないのだけれど、今はやりの男性アイドルを輩出している事務所ということで、ちょっとオイシイかもしれないですね。
現に私みたいなミーハーがすぐさま飛びつきますし。。。(笑)
男の世界に女が入るという展開ですけれど、それほど意外な展開にはならず、ある種のパターンみたいなものもありますけれど、面白ければいいかといった感じ。
サクサク読めるけれど、あまり印象に残らない、みたいな、そんなノリですけれど、少女マンガを読むような感じで読むと案外、楽しめるかも。。。

双葉社 2010年10月発行 ★★★

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51TcItZAVlL._SL75_.jpgYOU!
読了日:11月17日 著者:五十嵐貴久

読書メーター
スポンサーサイト



コメントの投稿

Secre

No title

これは私も眼にとまりました  少女の王道ですが、だれもが興味を持ちそうな話ですね
実際は無理だからこそそれだけ、はずさないネタかもしれませんよね

No title

定番だと、最初に『見ちゃった』男子が味方になるものですが。でもそのためには、『実は女の子』にプラスアルファな秘密が必要ですね。

などと、まさしく少女漫画な読みでした。

No title

タヌキさん。最近では女と変わらない男性とかいますから、こういうのももしかしたらと思いますね。実際ジャ○ーズはそういったところはちゃんと調べるんでしょうが、フィクションならではのオイシイ話ですね。

No title

イカダさん。まさしくそういった展開ですよ。そしてそのアイドル候補の男の子と親しくなって。。。といった定番な展開です。さすが少女漫画な読みをさせたら、イカダさんの右に出るものはいない。。。?(笑)

No title

こんにちは♪
私も美少年コレクターなので、この本飛びついちゃいます!
十代のころ、ジャニーズの後ろで踊りたかったわ^^ポチ!
これ、モデルは私かも。。。~~;

No title

あっ、美少年コレクターでしたか(笑) だったら、この本はそういった生きのいい少年たちでいっぱいです(笑) えっ、ジャニーズの後ろで、ですか。お互い、今度生まれ変わったら、ということで。。。(笑)

No title

おひさのダブルです。本が好きな人にいっとかなかいと思うことがあって。
この作家の「誰でもよかった」は、裏表紙の説明を見ると、「あ、これは秋葉原で起きたあの事件のお話だな。」と思いきや、あの事件をモチーフにしただけのフィクション。しかもそれに気づくのは犯人が篭城するくだりに入って、「あれ?確かあの犯人て路上で警官に取り囲まれてたよな?」ってのを思い出せた人だけ。この本の冒頭はおろかどこにも「この作品はフィクション」という記述はナシ。巻末の解説を読むまで気づかない人もいると思う。結末もありきたりだし面白くもない。
本屋でランダムに選んで買った数冊の中の1冊だったのでショックは小さかったけど、こんな本をスペース割いて平積みにしてる本屋もどうかと思ったw
長々と失礼。要は「絶対に読まないで」ってことなんでwあ、この時に買った鳥居みゆきの「夜にはずっと深い夜を」はかなりの出色。ヒットエンドラ~ン♪の芸人とは思えない、詳しくは書かないけど、ちゃんとした計算の上に成立している、いろんな意味で「黒い」本だけど面白いので、ぜひ一読を。長文にて失礼。ダブルでした♪

No title

> dou*ler*ut*158さん
おひさしぶりです。えっと、誰だっけ。。。?(笑)

No title

あ、予想通りのリアクションですな。
コメント残したのはかなり前なので無理もないですねw
まぁ、それだけです。
ダブルでした♪
プロフィール

藤中

Author:藤中
好きな作家は、
F・ポール・ウィルスン。
他にスティーヴン・キング、ブレイク・クラウチ、ジョージ・R・R・マーティン、伊坂幸太郎、近藤史恵、島田荘司などをよく読んでいます。
たまに映画関連、海外ドラマ関連、KinKi Kids関連の投稿があるので、
気をつけてください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR